クリスマスコスプレ2016セレクション通販
コスプレ衣装のネット通販

クリスマスの歴史

日本人ってイベント事が大好きですよね。

なかなか定着しなかったハロウィンも、ここ数年でアッと言う間に普及してきたように感じます。まあ、こういったイベントと大きく関わってくるのが、企業のPR戦略であります。バレンタインデーがチョコレート会社の販売戦略によるものだということは広く知られていますけど、ハロウィンもそういった企業戦略が一般家庭への普及に繋がっているとも考えられます。

では、クリスマスはどうなのでしょうか?

クリスマスの歴史

クリスマス自体は、江戸時代以前から宣教師がミサの一環として行っていたようですが、それと一般家庭への普及はまた別の話しです。江戸時代にはキリスト教弾圧もありましたし、、一般への普及となると明治時代に入ってからになるようです。

きっかけとなったのは、やはり、企業のPR活動からみたいですね。明治時代からクリスマス商戦というものがあったとか。大正時代にはクリスマスも一般家庭に広く知れ渡り、昭和初期には既に今のようなイベントになっていたそうです。飲食店などでは店員がサンタのコスプレを着て盛り上げていたという記録もありますので、まさに、現代のクリスマスそのものですよね。

クリスマスイメージ

クリスマスといえば12月25日。
前日がクリスマスイブとなる訳ですが、最近は12月に入ると気付けば街もクリスマスムードが漂うようになりました。下手したら1ヶ月近くクリスマスの雰囲気を楽しめます(笑)
近所のスーパーでも、レジのおば様達が結構長い期間、サンタのコスプレ衣装を着て頑張ってたりしますからね^^
こうして徐々にクリスマスを迎えていく雰囲気が好きな人も多いでしょう。26日からはガラッと年末ムードに変わり、お正月を迎えることになりますから、1年を締めくくる楽しみなイベントとしてクリスマスは重要な存在と言えるのかもしれませんね。